• Yuki Nakamura

  • Books
  • Advertising
  • Magazine
  • Collage
  • etc
  • Original
  • web
  • petit a petit

アリーグルの朝市は『アレー、アレー』
(さぁさぁいらっしゃいいらしゃい!!)と威勢のいい声が飛び交う。
色とりどりの野菜や果物が並び、カゴを片手にマダムたちが買い物を
楽しんでいる。


ヴァンブーの蚤の市で市の隅っこ橋のあたりに
さしかかるとガラクタばかり広げて売っている年老いたマダムがいる。
さびたお鍋にでこぼこのフライパン、時々びっくりするほど掘り出し物も
潜んでいるので見逃せない。


パリの三大のみの市、クリニャンクール、ヴァンヴー、モントルイユ。
このなかではヴァンヴーが一番かわいいものが多く、買い物もしやすい。
少し高めではあるが...
かかさず朝から行く!土・日の午前中に!


TOP

ロダン美術館の庭の街路樹に沿うように広がる
気持ちのいいカフェ。
お天気のいい昼下がりの午後のんびりとお茶をして
くつろぐには最高の場所。


マレ地区の裏通り、デザイナー集団が作った
モダンなカフェが立ち並ぶ。
今日もにぎやかにアーティストたちが集ってミーティング中。


バスチーユの家具屋通り、ポーズカフェは
ファションショーも時折開かれるほど人気のカフェ。
昼間にひっそりと隅っこの席で遅めのランチがおすすめです。



TOP

○Amour/Anna carina [恋人/アンナ・カリーナ]
フランスのアパルトマンに住む恋人たちのミュージカルコメディ。
美術監督のエヴァンはトリコロールカラーにとことんこだわっている。
約40年たった今でもパリジェンヌのおしゃれのヒントに。
「女は女である」(’61)
監督・脚本:ジャン・リュック・ゴダール
出演:アンナ・カリーナ、J・P・ベルモンド


TOP

○Espriz du sel [エスプリ・デュ・セル]
町の中心サンマルタンにあるブルーの外観がとてもステキな塩屋さん。
全て自家製で料理からバス用まで、あらゆる種類が揃う。

○St nartin de re [サンマルタン・ドゥ・レ]
島の人たちは子供からお年寄りまで、
ボーダーシャツを愛用している(本当によく見かける)
もちろんセントジェームスのショップもある。港町にボーダー、
気取りのない日常着としてのきこなしにうっとり....


TOP

TOP